不満を整理し、効率よく情報収集をしよう!

本来、転職にはリスクを伴うので、行動を起こすのには勇気がいる。
そのため、転職をするからには相応の理由があり、その多くは現職場への不満によることがほとんどだ。
しかし、転職でその不満を解消させるときには、闇雲に動けばいいというものではない。
転職を成功させるためには、転職に付随するリスクを踏まえた上で覚悟を決め、情報収集を入念に行ったり、現状分析を的確にしたりするなどの努力が必要だ。

そこで、私はまず、現職場のデメリットをピックアップし、自分の気持ちを整理することをおすすめしたい。
デメリットをすべて紙に書き出すと、それを解消するために必要なことが見えてくるからだ。
転職で失敗しやすい人は、現状分析をしないまま行動する人が目立つ。
しかし、不満を洗い出さないまま転職活動をしてしまうと、再び同じような環境の職場に就職してしまう可能性もあるので、注意しなければならない。

それから、情報収集に関しては、転職サイトの利用を推奨する。
転職サイトは、検索条件を細かく絞って仕事探しができるので、求人チェックを効率良く行えるからだ。
しかも、ユーザー登録をしておけば、非公開の求人案件を閲覧することもできるので、好条件の仕事を探せる。
しかも、公開案件は大勢の目に触れるという性質上、競合相手が増えやすいが、非公開案件はユーザー登録をした人しか閲覧したり、応募したりすることができないので、競争率も公開案件ほどではない。
だからその分、採用の可能性も上がるというわけだ。